• Instagram
  • Facebook
  • YouTube

今、私たちが信じているものは

​このままずっと存在するのだろうか?

子守唄が人々の気持ちを温かく包みこみように、

やさしい心と心が繋がって、やがて世界中へ広がっていきますように。

そんな願いが集まって「うちゅうのこもりうたプロジェクト」は誕生しました。

日本が誇る詩人、谷川俊太郎の詩『うちゅうのこもりうた』で世界の人たちの心を癒したい。

私たちは文化パステルはこの詩をさまざまな形で発信し、

やさしさの輪を広げる活動をしていきます。

You can do whatever you like

if you truly...truly would like to.

Don’t be ashamed. You are not in the wrong.

Only the stars are watching you.

Only the moon is listening.

Good night. Embraced by the universe,

you are for sure waiting for tomorrow’s sunlight.

 

 

You needn’t do anything

if you truly...truly would not like to.

Don’t be ashamed. Don’t be afraid.

Only dreams are watching you.

Only the night is listening.

Good night. Embraced by the universe,

You are for sure waiting for tomorrow’s yourself. 

A LULLABY FOR THE UNIVERS

英訳 | English Translation)
西原克政  Katsumasa Nishihara

ウィリアム・I・エリオット  William I. Elliott

Shuntaro Tanikawa​

​うちゅうのこもりうた

​詩 谷川俊太郎

なにをしても いいんだよ

ほんとうにほんとうに したければ

はずかしくない わるくない

みてるのは ほしだけ

きいているのは つきだけ

おやすみ うちゅうに だかれて

まってるよ あしたの おひさま

なにもしないで いいんだよ

ほんとうにほんとうに したくなければ

はずかしくない こわくない

みてるのは ゆめだけ

きいているのは よるだけ

おやすみ うちゅうに だかれて

まってるよ あしたの じぶん

谷川俊太郎
​Shuntaro Tanikawa

1931年、東京生まれ。 21歳で詩集『二十億光年の孤独』を刊行。 その後現代詩のトップランナーとして走り続けている。 詩集の他、絵本や翻訳などで広い世代に親しまれている。

https://twitter.com/shuntarot

  • 谷川俊太郎ツイッター

​詩人 谷川俊太郎
Shuntaro Tanikawa

『うちゅうのこもりうた』動画
​近日公開

Video Clip" A Lullaby for the Universe"  

動画『うちゅうのこもりうた』by ​文化パステル

Video Clip " A Lullaby for the Universe"   by Bunka Pastel

谷川俊太郎氏による詩の朗読、そして谷川賢作氏による自作曲のピアノ演奏。

谷川親子が織りなすハーモニーに文化パステルクリエーターたちが映像を合わせました。

『うちゅうのこもりうた』の世界観をぜひ動画でもお楽しみください。
 

うちゅうのこもりうたyoutubeチャンネルで近日配信予定

谷川賢作
kensaku Tanikawa

1960年東京生まれ。ジャズピアノを佐藤允彦に師事。演奏家として、現代詩をうたうバンド「DiVa」ハーモニカ奏者続木力とのユニット「パリャーソ」、また父である詩人の谷川俊太郎と朗読と音楽のコンサートを全国各地で開催。80年代半ばより作・編曲の仕事をはじめ、映画「四十七人の刺客」「竜馬 の妻とその夫と愛人」NHK「その時歴史が動いた」テーマ曲等。88、95、97年に日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。

オフィシャルサイト

http://tanikawakensaku.com/

http://twitter.com/tanikenn

  • White LinkedIn Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon
谷川俊太郎、谷川賢作、親子

谷川俊太郎氏と賢作氏

曲&ピアノ演奏 谷川賢作

うちゅうのこもりうたyoutubeチャンネルで

うちゅうのこもりうたの詩をご自宅で朗読する谷川俊太郎氏の普段のお姿を公開中。

​うちゅうのこもりうたプロジェクト誕生物語

文化パステル代表の宇野弘恭そして谷川俊太郎氏は、共に今年「米寿」
激動の時代をくぐり抜けてきた88年の人生経験から

現代を俯瞰し、子どもたちの未来や地球環境を憂い、

分かり易い言葉で普遍的メッセージを 伝える力を持つ谷川俊太郎氏に

宇野は『うちゅうのこもりうた』という詩の創作を依頼しました。 

​しゅんちゃん、

うちゅうのこもりうたを作ってくれる?

いいよ!
​ぼくの代わりにひろくんがみんなに広めてね。

ゆみちゃん、

こもりうたをみんなへ伝えていきたいけど、どうしたらいいと思う?

ゆみちゃん、

こもりうたをみんなへ伝えていきたいけど、どうしたらいいと思う?

オンラインでやってみたらどうですか?

面白そうですよ!

​そして活動のバトンは次世代へ引き継がれ、

オンラインという新しい形でこのプロジェクトは始まりました。

温故知新-古きをたずねて新しきを知る-

文化パステルの理念のように、宇野や過去のメンバーたちの想いを

未来の”大人たち”へ伝えていくという夢をのせて、

このプロジェクトは

これからの世界へ向けて歩き始めました。

 


 

文化パステルについてはこちら

トップに戻る
  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube